宇宙をかける少女 第12話 「虚ろなる巨像」

 始まりは、前回の獅子堂ナミの裏切りの続きからと思っていたのですが、ベンケイレオパルドとの戦いから始まりました。

 この二人にも、何がしかの因縁がありそう。ベンケイの本当の名前は、ボナパルトと言うみたいですね。コロニーの形が昔と変わっているのは何故か、疑問は最後に明らかになります。

 ベンケイのチェンソー攻撃を、レオパルドはコロニーのミラーで反撃、どっちかと言えば、チェンソーの方が強そうなんですが、攻防は互角です。

 ベンケイが、レオパルドのミラーを狙ったわけは、自分のコロニーに取り付けるためだったようですが、その他の99枚のミラーの意味はなんなのでしょうか?

 今回新しく判明した事は、レオパルドは、昔ネルヴァルの下についていたっぽいですね。しかし、ブレインコロニーの寵愛っていったい・・・

 ベンケイによって閉じ込められたレオパルドは、レオパルドキャノンを撃って反撃しますが、ベンケイはそれを吸収して、そのエネルギーを利用して撃ち返しました。これにより、レオパルドのコロニーは大ダメージを負ってしまいます。

 クサンチッペの登場により、獅子堂高嶺の体にネルヴァル?のエンブレムが輝く、評議会の面々にもエンブレムは出ていましたが、高嶺のように操られてはいませんでしたが。あのエンブレムの意味は何なのか。

 ベンケイのレオパルドキャノンの反射によって、コロニーに穴の開いたレオパルドは、ヤケクソとばかりにベンケイに体当たりを決め、地球へ共に落ちていきますが、このまま落ちていったら、結構な被害が出そうですけど、これじゃコロニー落としですね。

 そのまま一緒に落ちていくのかと思いましたが、レオパルドはコロニーを捨て、一人だけで脱出。秋葉たちもあきれています。ブレインコロニーの人工知能は、自分で簡単に取り外しが可能だったんですね。だからベンケイの外見も変わっていたのかな。

 ブレインコロニー、ヤドカリみたいですね。

 アレイダ神楽でほぼ確定でしょう、では神楽とはだれか、秋葉の夢の中に何故出てくるのか?獅子堂家との関係は?これからの謎です。

 ナミは、前回あんな終わり方したにもかかわらず、最後にチョロット出て来ただけでしたが、絡んでくるのは次回からでしょうかね。

 
                                
宇宙をかける少女 Volume 1 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2009-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) 宇宙をかける少女 第12話 「虚ろなる巨像」

    Excerpt: 宇宙をかける少女 Volume 1 [DVD]クチコミを見る レオパルドと秋葉に自分たちの存在を忘れられていたベンケイとつつじは怒り心頭。自己実現のためベンケイはレオパルドに襲いかかる。ベンケイ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2009-03-30 10:02
  • ◎宇宙をかける少女第12話「虚ろなる巨像」

    Excerpt:  レオパルドとベンケイ、ふたりは知り合いだったらしいんだけれど、レオパルドはいつもの調子で「お前なんか知らん!」って。それとベンケイと一緒に、スール学園の制服を着たヒトがいて……。あーん、なんかメチャ.. Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2009-10-07 04:08