戦国BASARA 第4話 「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義」 感想

 前回、前田慶次の働きによって、第六天魔王・織田信長を倒すため進軍していた伊達政宗と時を同じくして、武田信玄も行動を開始していた。

 信長を倒すべく、各地の武将たちによる包囲網を進めようと、近江の浅井長政の元に信玄の命を受けた猿飛佐助がやって来る。
画像

 打倒信長の作戦に対して、信長の妹であるお市を妻に娶り、信長と義兄弟となっていた長政は、自身の正義を信じる心を貫くため、その要請を退ける。

 しかし、信長の方は長政との盟約を破り、朝倉に戦を仕掛けようと進軍していた。

 その真意を確かめようと信長に会いに行った長政だったが、逆にお市を人質に取られ、自ら朝倉を滅ぼす嵌めになってしまう。
画像画像

 朝倉に降伏を進めるため、一人進む長政の元に明智光秀が現れる。

 長政とお市を心配している風に装っている光秀の進言を聞き入れた長政は、信長に向けて進軍していた伊達政宗を倒すため、進軍するのだった。
画像画像

 信長に対する包囲網が未完成のまま、事態は新たな局面を迎える。



 今回から、正義バカの浅井長政の登場です。ゲームと同じように、長政の融通の利かなさは健在です。

 お市のヤンっぷりも相変わらずで、これからどうなるのか楽しみです。

 徳川家康も登場して、ますます混戦の模様を深めてきました。気になる所では、チラッと最強ロボ、本田忠勝が映りましたが、これから徳川軍は、武田軍と戦う方向に進むのかな?ゲームでは、ほぼ最強のキャラですから、そんな忠勝と雪村の戦いがどうなるのか楽しみです。


 次回、 「壮絶!長篠・設楽原の義戦」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック