07-GHOST 第4話 「ただひたすらなる祈りの果てに」 レビュー&感想

 前回、願いを叶えてあげると言う、謎の老人の言葉に釣られるように夜の協会を訪れたテイト・・・怪しげな老人は、やはり敵でした。

 老人に尋ねられるまま、テイトは一人だった自分を救ってくれた「ミカゲに会いたい」という願いを口にした途端、心を飲まれそうになるが、その時フラウ達司教が立ち塞がる。
画像画像

 フラウの腕のアザから変な触手が伸び、巨大な鎌が飛び出す・・・この鎌にも何か秘密がありそうです。

 老人に憑いていた、コールの言っていた「あのお方」とは一体誰なのか?テイトを欲しがっているようですが、一体テイトにはどんな秘密があるんでしょうか?


 フラウの鎌によって、魂を奪われていた老人は開放され、テイトの胸に付けられたアザもフラウが取り除きます・・・フラウの言葉では、この鎌は何か生きているようですが、これも「あのお方」に何か関係が有りそうです。


 一夜明け、今までの自分の知らなかった、明るく穏やかな世界に心が落ち着くテイト・・・パンツをネタにフラウに遊ばれます。
画像画像

 フラウに嵌められ池に飛び込んでしまったテイトは、エンディングに出ていた人魚?オルガニストのラゼットに気に入られます・・・ラゼットのカストルから貰った飴?を食べている姿もカワイイですが、姿が変わったのは、オルガニストの能力だろうか?
画像画像画像画像

 一人だといっていた、あの老人に帰れる場所があることを知り、安心したテイトは、コールについてカストルに尋ねる・・・どうやらコールは人間の生まれる前に与えられる3つの夢を叶える変わりに、その3つすべて叶えた人間の魂を奪う存在のようです。



 一方、軍で捕まっているミカゲは、アヤナミに妹とテイトを天秤に掛けられたまま、答えの出せないでいた。

 テイトとの思い出を振り返るミカゲの前に、アヤナミの連れて来た妹の姿があった・・・

 選択を迫られたミカゲは、妹よりも親友の誓いを守る事を選んだが、そんなミカゲにアヤナミの攻撃が迫る。離れ離れとなった親友たちの未来は・・・
画像画像


 しかし、ミカゲすごいですね。普通だったら、ここで選ぶのは妹のような気がしますが、親友を選ぶ何てカッコ良すぎですね。

 でも、カッコ付けたばっかりに、物凄いピンチになっていますが、これからミカゲはどうなるんでしょう?はやく次が気になりますね。



 次回、第5話 「熱き涙、やさしく彼の心を満たし・・・」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック