戦国BASARA 第6話 「裂かれた絆 政宗屈辱の退却!」感想&レビュー

 前回、お市を救う為、伊達政宗と対峙した浅井長政に対し、光秀の策略により無数の銃弾が降りかかった。

 
 銃弾を浴びた長政にお市が向かうが、真実を冥土の土産とばかりに、明智光秀がお市が輿入れした真の目的を話す。

 お市が朝倉家に輿入れしたのは朝倉を攻め、朝倉の戦力を削る為の布石だった。

 お市に欺かれていた長政は、逆にお市を心配し、自らが信じる正義の為、その命を散らした・・・何だかんだで死なないのかな?と思っていたのですが、結局長政は助からなかったですね。
画像画像

 光秀の悪行に怒る政宗は小十郎の静止を聞かず、刀を抜き切りかかる・・・

 
 一方、本田忠勝を退けられ劣勢を強いられる家康は、数に勝る敵に対して引くことを決めた。

 そんな徳川軍を逃がす為、忠勝は殿を勤める為、単身戦いを挑むため飛び立つ・・・

 乗り込んできた忠勝を幸村にまかせ信玄は徳川本陣に向かう。

 逃げの体制に入った家康の前に濃姫が立ちふさがる・・・相変わらずガトリングをどこから出したのか?濃姫のスリットは四次元スリットなのでしょうか?
画像画像


 濃姫が攻撃してきたことにより手を取り合う武田軍と徳川軍、戦いを続けていた忠勝と幸村の2人にも不意打ちが迫る中、忠勝は自らを犠牲にして幸村を救う・・・忠勝も死んでしまいましたが、壊れたと言った方がいいのか?壊れたのなら修理すればまた復活しそうな感じですが、最後の爆発を見る限り、粉々な感じでしたからそれもないのかな?

 
 徳川軍が敗れたことを見て、政宗も撤退を決める・・・光秀が政宗を見逃したのはどんな理由があるのでしょう?

 死屍累々の戦場の中、涙を流す家康は信玄と共に戦うことを決め、謙信に求められ慶次は西に向かう・・・


 
 退却した政宗たちに信玄の命を受けた幸村が甲斐に逗留するよう進めるが、政宗は腕を組んだまま落馬してしまう・・・やはり政宗は種子島に撃たれていたようですね、それにしてもそんな素振りを見せなかった政宗は凄い。

 裏で企む光秀に対し、信長は・・・

 
 最後にいよいよ、BASARAもう一つの悪、松永久秀(まつなが ひさひで)が登場しましたが、と言う事は豊臣秀吉もそろそろでしょうか?。


 
 今回は、長政と忠勝が消えてしまいました。光秀も信長を裏切りそうな感じが思いっきり出ていましたが、今度からは、西の武将達に物語りは移るのでしょうか?


 今回は、かすがの出番がありませんでした。佐助は次回予告で出てきましたが、かすがは次回活躍する場所があるのかな?


 

 
 次回、第7話 「略奪の梟雄!双竜月下の真剣勝負」
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック