アスラクライン 第11話 「隣にいてくれる日常と非日常」 感想

 前回、智春たちは、悪魔狩りの犯人だったアスラ・クラインの加賀篝の野望を阻止し、穏やかな生活を取り戻した・・・ 

 戦いを終え穏やかな日を過ごしていた、洛高メンバー、3年の朱浬と玲士郎は修学旅行のハワイが楽しみで待ちきれない様子・・・
画像画像

 新たに、アニアも加わった智春たちも、賑やかに過ごしていた所、朱浬が旅行の為に水着のファッションショーを行うことを知った樋口は、その羨まし過ぎる状況の智春に「どっかのアニメの主人公」かとツッ込みます・・・たしかに、智春は恵まれすぎな感じがするが、樋口の妄想力もたいしたものです。
画像画像画像画像

 怪我をさせてしまった玲子を送っていくことにした智春。2人はなんだかいい雰囲気に・・・
画像画像

 玲子を送り届けた智春は、そこで玲士郎から急にパーティへの誘いを受ける。

 それは、哀音の母・霧絵が哀音の命日に行うパーティだと言う。そこで、豪華商品を賭けて、一発芸大会を行うことに・・・智春たちの一発芸は、ざ・タ○チの幽体離脱でした。寒い感じでしたが、やはり操緒とのコンビでやるには一番イイネタかな。それこそ、本当に幽体ですからね。
画像画像

 結果、優勝は智春ペアに決まったが、その肝心の豪華商品がこんな物だったとは、奏が持つと、よりエロい感じに・・・観光地に売ってるヘンテコな民芸品みたいでしたが、この家のことだから、もしかして、素材は純金だったのでしょうか?でも、そうだったら、金の亡者の六夏が離さないか。
画像画像


画像画像


 今回は、最終回前の小休止でした。このままだと、第1期は加賀篝との決着で終了でしょうか?それとも、それは第2期に持ち越すのかな。気になったのですが、やはり朱浬の水着ファッションショーはやらないのかな。もしかして次回・・・無いでしょうね。

 
 次回、第12話「世界が枯れるまで」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック