07-GHOST 第12話 「痛みという名の闇はひたひたと…」 感想

 前回、これから自由に行動する為、司教の試験を受ける事にしたテイトは、自分の罪と向き合いそれを受け入れる決意をした・・・

 教会に来て、初めて心に余裕が出来たテイトは、太陽の輝きを眺めながら思いを馳せていた・・・前回登場したハクレンは、どうやら帝国の学校でテイトと反りの合わなかった「シュリ=オーク」と同じ、名門オーク家の出身らしい。シュリと同じくハクレンもテイトと合わない様です。
画像画像画像画像

 ハクレンの頭に乗ったミカゲを追ったテイトは、そこで大司教補佐のバスティンがコールを消している場面に出会う・・・ミカゲは、よくフラウの頭の上にも乗っていますが、乗る基準なんかはあるのでしょうか?金髪が好きなのか?
画像画像

 3つの願いを叶え、コールに堕ちてしまった男を豪快に退治するフラウ・・・今回のフラウはいつもと違う、怪しげな雰囲気を出していました。
画像画像

 本格的に試験に臨む事にしたテイトは、試験塔でハクレンとルームメイトに・・・ここまで来ると、この2人には、何か運命的なものが有りそうです。
画像画像

 ルームメイトとはペアで行動する決まりのため、2人でバクルスの修行に向かう・・・どうやら、ハクレンはフラウの事を尊敬しているようですが、1次試験はダメダメだったフラウも、どうやら2次試験では、歴代最高得点保持者のようです。やはり、フラウは頭よりも、身体を動かすほうが得意なんですかね。
画像画像画像画像

 アヤナミも依然、影で動いているようですが、いい加減直接対決にならないかな。


 次回、第13話「光ある道の先に見えるものは・・・」
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック