宇宙をかける少女 第26話 最終回 「あしもとに宇宙」 感想

 プリンス・オブ・ダークネスとなり、暴走を続けるレオパルドを倒すため、総攻撃の準備を開始する秋葉たち・・・
画像画像

 レオパルドと行動を共にするナミの元へ、神楽が説得に現れるが、自分を引っ張り込んだ張本人である神楽の軽さにキレます・・・ナミの言う事は、今回ばかりは正論です。これが、神楽の本来の性格なのでしょうけど、もう少し言い方ってものがあるでしょう。
画像画像画像画像

 秋葉たちがレオパルドに攻め入るのと、時を同じく現れたネルヴァルたちに風音は共闘を持ちかける・・・最後は、これまで敵対してきた者同士の共闘ですか。よくあるパターンですね。
画像画像

 ベンケイと言うか、つつじの特攻でプロキシマの冠をレオパルドから切り離す事に成功するが、依然レオパルドは動きを止めなかった・・・それにしても、風音がつつじの事を「つみれさん」と言っていましたが、これはワザとでしょうかね?誰もツッコミが入らなかったので、製作のミスかと思ってしまいますね。
画像画像

 空間断層によって足止めされていた秋葉は、いつきに連れられて来たイモちゃんとようやく再会を果たす。イモちゃんが持ってきた情報によると、秋葉のQTアームズに付けられた増幅器のリミッターを外す事で無限の力が得られると言う。その開放された力を使いレオパルドの元へ一気に飛ぶ秋葉たち・・・ここにきて、一気にご都合主義な能力の登場ですね。
画像画像

 神楽に敗れたナミは、プリマヴェーラを折られ力を失う・・・
画像画像

 無事にレオパルドの元へたどり着いた秋葉たちは、一気に勝負を決めようとイグジステンツで攻撃するが、その時一瞬だけレオパルドの元の人格が現れる。まだ、元の人格が残っている事に気づいた秋葉は、レオパルドを元に戻そうと気合の蹴りを食らわす・・・最後は、秋葉の蹴りですか。これまでも何度か、秋葉が蹴りを放っていたのは、これに繋げる為だったのか?あと、分からなかったのが、秋葉の頬に現れたアノ紋章はなんだったのか?アレが宇宙をかける少女の力の証でしょうか?
画像画像画像画像画像画像

 レオパルドが元に戻った事で、切り離されたプリンス・オブ・ダークネスとしての人格をネルヴァルの人間体に移し、自らと共に撃てと言うネルヴァルに、レオパルドは躊躇なく反物質砲をぶっ放す・・・レオパルドの人でなしさには、脱帽します。
画像画像画像画像

 消えてしまった秋葉たちを探しに向かう一行は、銀河の果てを彷徨う姿を発見し向かう・・・一応のハッピーエンドでしょうか?なんだか、モヤモヤ感が残るような気がしますが、これでイイのかな。
画像画像画像画像

 ナミを救出していたつつじは、ナミに誰かに依存するのではなく、自ら考えるのだと伝える・・・それにしても、並みの存在って一体なんだったのか?何だか、最後はつつじにも存在感が負けてしまってますね。
画像画像

 
 今回で無事?最終回を迎えました。全部見終わった感想としては、何だか設定を多く作りすぎて、その設定に負けてしまった感がありますね。伏線をいっぱい張っていたにも拘らず、回収できていない物もたくさんあります。

 せっかく、設定は良かったのに、その設定を活かしきれていませんでした。この謎を全て解明するには、2クールでも短すぎましたね。せめて、1年は欲しかった。そうすればもっといい作品になったと思うのですが。

 まだまだ、先が有りそうなんですが、第2期は有るのか?まぁ、無いでしょうね。あるとすればOVAで、後日談的な物があるかな。



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通りすがりの旅人
2009年07月02日 00:42
>設定を多く作りすぎて、その設定に負けてしまった感がありますね。
2クールで終わらせるには、野球話とゆぴたんとプリンスオブダークネスは時間の無駄だったのではと個人的には思います。

>設定は良かったのに、その設定を活かしきれていませんでした。
未回収の伏線についてはDVDなどによる補完は絶対必要ですよね。

この記事へのトラックバック