07-GHOST 第15話 「あの日、確かに彼といた」 感想

 ハクレンと共に試験に向けて勉強をしていたテイトの元にハルセが現れ、パスと「フェア・クロイツ」の名を思い出せと伝えに来る。ハルセは、カストルにヤラレながらも、「協会は見方ではない」と言うと消されてしまう・・・ハルセ、ようやくテイトに接触してきたと思ったら、出てきて早々やられてしまいましたが、どうやら人間ではなかったようですね。次の場面では、何事も無かったように復活していましたが、正体は一体なんなのかな。
画像画像画像画像

 クロユリと対峙したフラウは、クロユリの策に嵌まり、一連の事件の殺人犯に疑われ捕らえられてしまう・・・
画像画像画像画像

 ハルセの言葉により、協会に疑いを持ち始めたテイトは、カストルたちに連れられてきた場所で、フェア・クロイツの名が、かつて自分を育ててくれたファーザーの名前だと思い出すテイトだったが、カストルにフェア・クロイツは協会を破門となった司教だと聞かされる・・・
画像画像


 ようやくファーザーの名前が判明したのに、また新たな謎が誕生してしまいました。フラウも捕まってしまいこれからどうなってしまうのか?テイトとは48時間以上離れられないハズですから、その前にまでには出てくるのかな。

 あと気になったのは、クロユリが言っていた、フラウの持つ鎌がアヤナミの物という所ですが、これは一体どういう意味なんでしょうかね。続きが気になります。

 
 

次回、「真実は光の届かぬ闇の底に」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 07-GHOST kapitel.15 あの日、確かに彼といた

    Excerpt:  クロユリの策にあっさり引っかかるフラウが面白かったです。クロユリが彼の持つ鎌をアヤナミのものだと言っているのも気になりますね。 Weblog: つれづれ racked: 2009-07-17 23:55
  • 07-GHOST 第15話「あの日、確かに彼といた」

    Excerpt: ついに動き出したクロユリ! 頭につけてるスカルかわいいなぁ。 ハルセがテイトに渡したものは・・・フェアクロイツのパス? ハルセが�... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2009-07-18 11:16