鋼の錬金術師 第23話 「戦場の少女」 感想

画像

 ブラッドレイの攻撃から負傷したランファンを抱え逃げ出すリン・・・。

 ウィンリィを軍に預け、スカーと戦うアルの応援に向かうエド・・・

 一方、ブラッドレイの追撃から逃げるリンたち。
 左腕を負傷し動く事のできないランファンは、自分を見捨てるようにリンに告げ、自らに苦無の刃を突きつける。
 ランファンが犠牲にしたのは、自らの左腕だった。
 大きな代償を払いながら、ブラッドレイの追撃から逃れる事に成功する・・・覚悟を見せ付けたランファン、自分から腕を切り落とすとは、スゴスギです。

 アルと合流したエドは、2人掛りでスカーを追い詰めていくが、どれも決定打に賭けていた。
 そんな中、スカート戦うエドたちの前に、スカーの匂いを追ってグラトニーが現れる・・・

 突如現れたグラトニーに、何も出来ないでいたエドたちの前に、リンが現れグラトニーを爆破する。
 リンの機転でホムンクルスの再生能力を利用し、縛り上げたエドたちの前に、変装したリザが現れリンとグラトニーをつれ立ち去っていく・・・メガネモードのリザもイイ感じです。

 残ったエドたちは、スカーを捕らえようとするが、そこに現れたのはスカーと行動を共にしていたメイ・チャンの姿だった。
 メイの使う錬丹術によって逃げ出すスカーたち・・・はるばるエドを探しにやって来たメイでしたが、やはり、エドの正体がワカリマセンでしたね。メイも、もう直ぐ真実を知ると思いますが、理想とのギャップは大変です。

 アルが拾ったシャオメイを連れて、ウィンリィを迎えにいったエドが見たのはウィンリィの前に座るブラッドレイの姿。
 ブラッドレイの行動の意味を図りながらも、ホテルに戻ったウィンリィを待っていたのは、ラッシュバレーからの電話だった・・・何気にシャオメイのヒエラルキーの中でエドが最下位なのが笑えます。
 
 ウィンリィをラッシュバレーに送り出したエドたちは、ロイと合流する。
 まずエドたちは、ランファンを治療する為、検死医のノックスの元を訪れる・・・

 治療を終えたランファンにオートメイル技師を紹介する約束をしたエド。
 そんなエドたちにリンからブラッドレイがホムンクルスだという衝撃の事実が告げられる・・・ようやくエドたちも、ブラッドレイがホムンクルスだと気づきました。まぁ、気づいたところで、どうしようもないんですが。

 グラトニーを如何するかで揉めるエドたちだったが、ロイの名を聞いたグラトニーの腹から得体の知れない物が姿を見せる・・・
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック