鋼の錬金術師 第25話「闇の扉」 感想

 グラトニーに飲み込まれてしまったエドの運命は・・・。
画像


 グラトニーの腹の中の空間で一人彷徨っていたエドは、リンと再会し出口を探し始めるが・・・腹が減っていたなら、何でも美味しく感じますが、いくらなんでも革靴は食べられんでしょう。もしかして、錬金術で何かすれば食べられるようになるのかな。

 一向に先の見えない中、心身ともに疲れ果てるエドたちの前に、同じく飲み込まれたエンヴィーが現れ、ここはホムンクルスたちを作った''お父様''の作った真理の失敗作だと知る・・・。

 エンヴィーの言葉によると、ここが二度と出ることの出来ない''真理と現実の狭間''だと知ったエドたちは、絶望の淵に立たされる・・・。

 エンヴィーから告げられた衝撃の事実。
 なんと、イシュヴァールの戦は、ホムンクルスたちが引き起こし、さらにその原因の引き金を引いたのは、エンヴィーだと言うのだ・・・うれしそうに殺したときのことを語るエンヴィーは、まさに外道です。

 数々の悲劇の原因を作ったエンヴィーに殴りかかるエドだったが、エンヴィーはその攻撃を物ともせず、ホムンクルスとしての正体を現した・・・エンヴィーでかすぎ。原作よりも大きく感じるのは、アニメだからか。


 一方、ブラットレイの正体を確かめる為、逆に追い込まれてしまったロイに、部下達がそれぞれ地方に移動になり、さらにリザが大総統付きの補佐官に任命された事を聞かされる・・・人質を取られてしまったロイ、これで反撃の機会は、さらに先になってしまいました。


 エドを助ける為、アルはグラトニーの案内で、セントラルの''お父様''の元へと向かっていく・・・こう見ると、グラトニーは無害そうですが、単に何にも考えていないと言う事なのか。

画像


 いよいよ、次回は全ての元凶''お父様''が登場するようですね。
 ''お父様''の顔を見たときのアルの反応が楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック