鋼の錬金術師 第29話「愚者の足掻き」 感想

 ホムンクルスたちに捕らえられたエドとアル・・・。 


 捕らえられたエド達が連れてこられたのは、ブラッドレイのいる軍司令部。
 そこには、ロイの姿が・・・。

 ブラッドレイに国家錬金術師を辞めると告げるエドだったが、ウィンリィの事を半ば人質のようにされ、国家錬金術師を続ける事に・・・国家錬金術師の地位はこらかも何かと必要でしょう。何事においても、権力を持っていることに越した事はないですからね。

 外に出たエドを待っていたグリードにリンからのメッセージを預かる・・・グリードに支配されているはずのリン。そして、律儀にもメッセージを届けるグリード。それにしても、あのメッセージは何時書いたんでしょうか?メッセージが書けるという事は、グリードの支配からの脱出が成功していたと言う事なんでしょうか。
 
 リンからの「賢者の石を手に入れた」と言うメッセージを受け取ったランファンは喜ぶが・・・ランファンがリンと無事に再会できるのは何時になるのか。やはり、グリードからリンの精神を取り戻す鍵となるのはランファンなんでしょうね。

 一方、壊れた家を修復していたエドは、錬金術が使えないときに使うことが出来ていた錬丹術の可能性に気づく・・・錬金術と錬丹術の違い、それがお父様を倒す鍵となるのか。

 マルコーと出合ったスカー・・・次回は、過去に起こったイシュヴァールでの戦いの真実が描かれるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック