とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 感想

 今回は、前回の爆弾事件の続き・・・。

 依然犯人の正体が掴めないグラビトン事件。
 ジャッジメントの中に緊張が続く中、美琴は初春、佐天と共に気晴らしのショッピングをする事に。
 
 カワイイ物好きの美琴はカワイイ発見し、テンションを上げるが初春と佐天には大不評・・・小学生っぽいって、初春にまで言われてしまい、若干涙目。
 2人が離れた隙にパジャマを合わせる事にしたが、その後ろに現れたのは美琴の天敵、上条当麻。

 どうやら、当麻は女の子を案内してきた様子・・・。
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

 楽しんでいた美琴たちに、次の犯人の狙いが、今いる洋服店セブンスミストだと言う事が黒子から知らされる。
 犯人の本当の狙いはジャッジメント。
 しかも、今回の標的は初春だった。

 女の子が持ってきたカエルのぬいぐるみ。
 美琴がレールガンを使う間もなく爆弾は爆発してしまったが・・・子供を巻き込むとは、腐っていますね。

 逃げ出す犯人に、無事だった美琴の鉄拳が炸裂・・・能力を使わず、拳で犯人を倒した美琴。よっぽど許せなかったんでしょうね。
画像画像画像画像画像画像画像画像

 美琴たちを助けたのは、ご存知当麻のイマジンブレイカー。
 さすが表の主人公。鼻歌まじりの姿がカッコ良すぎですね。いい所を全部もって行った感じです。
画像画像画像画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック