鋼の錬金術師 第36話 「家族の肖像」 感想

 家族と歩む為、家族と別れる決心をしたホーエンハイム・・・。

 今回の始まりは、ホーエンハイムの家族愛について。
 これまでエドたちの印象でしか人物像が判らなかったホーエンハイムですが、以外に家族思いでした。

 不老不死であるが故に家族との別れを決意したホーエンハイム。
 あの男泣きには、こちらも涙を誘われます。

 
 一方、時間は戻ってブリッグズ要塞を訪れたレイブンによって、ホムンクルスと軍との関係をオリヴィエも知り・・・。
 レイブンも始末し、これから反撃か、と思ったその時。
 エドたちの前には、キンブリーに連れられてきたウィンリィの姿が・・・ウィンリィも北に来ました。
 明らかに人質として連れてこられた様な者ですが、遠くで何か動かれるよりも近くにいた方が、逆に守りやすいような気がしますが。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック