とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

 求めた力の代償は・・・。

 友人達と共に手に入れたレベルアッパーを使ってしまった佐天。
 初春たちと対等になりたいが為の念願だった能力を手に入れた佐天だったが、心はイマイチ晴れない・・・。

 ついに起きてしまった、レベルアッパーの副作用。
 何も知らなかった友人達を巻き込んでしまった事を悔いる佐天。
 そんな佐天に親友である初春の気持ちが伝わる・・・。

 次々に被害者が広がっていく中、事件の被害者達には共通の脳波パターンがあることに気づいた美琴たち。
 その脳はパターンの元は、なんと脳科学者の木山春生。
 一足先に木山の元を訪れていた初春も木山の研究室で共感覚の資料を発見し・・・。

 
 ついに判明したレベルアッパー事件の真犯人。
 登場時から怪しさバツグンだった春生。
 単なる脱ぎ要員じゃなかったんですね。

 次はいよいよレベルアッパー事件の解決でしょうか。 
画像画像画像画像画像画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック