ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第6話 「彼方ノ休日・髪結イ」 感想

全ての偶然は必然か――。

今回は、カナタの初任給の使い道を考える初めての休日と小隊の怪しい副業のお話し。
カナタ初めての給料の使い道は、何時の時代もお世話になった人へのプレゼント。
それを買う為、初めての休暇を利用して街に出かける事にしたカナタは、そこで孤児院の少女・ミシオに出会い――。


今回は、ありきたりでは有りますが、Aパートの裏で実はBパートではこんな事が起きていました的な、同時間軸を表と裏で描く演出方法でした。
辺境の砦でちゃんと給料が出るのは、フェリシアたちが裏でしていたお酒の密造が収入源だったんですね。
結局、最後までカナタだけがその事を知らずに終わってしまいました。カナタが、この事を知る時は訪れるのか?
それにしても、この時代でも禁酒法なんてあるんでしょうか。
ノエルの話しでは、何だか重そうな罪のようですが、何時の時代でも、嗜好品に対する規制は強いのかな。

今回も、物語の方は大きな動きはありませんでしたが、このままのペースで最後まで何も無く終わってしまう、なんて事も?
画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック