ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

戦場で瞳に映るのは絶望の光景――。

今回は、フェリシアの過去とフィーエスタ・デュ・ルミエール、つまりはお盆のお話し。
ようやく、謎だった戦争の一部分が見えてきました。
戦車同士で戦っている所を見るに、フェリシアたちが戦っていたのは同じ人間のようでしたが、旧文明を滅ぼしたのはミイラ男の''あいつら''と言う言葉から察するに人外の存在なのか?
だとすると、カナタたちの敵はそいつらと言う事なのでしょうか。

あと重要そうなポイントは、カナタとリオにも関係ある、フェリシアを助けたイリアの事でしょうか。
フェリシアが「皇女殿下」と言っていたということは、なんだかやんごとない身分のお人な感じですね。
精霊流しの時に、司祭がリオを見て驚いていた事も気になります。
リオも結構な身分なのでしょうか?

何にしても、ようやく物語が動いてきた感じですね。
これまで通り、何にもない平和な日常でも良かったんですが、それじゃぁ物語として成立しないか。

画像画像
画像画像
画像画像画像
画像画像画像
画像画像
画像画像
画像画像画像
画像画像画像

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2010-03-24

ユーザレビュー:
表面上の明るさの影で ...
日本ではないのか!? ...
不安と期待まだ1話し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック