鋼の錬金術師 第43話 「蟻のひと噛み」 感想

それぞれの未来の為――。

キンブリーの逆転の発想によって、ついにブリックスに血の紋が刻まれてしまいました。
前回引っ張ったのに、あっけなく冒頭の一瞬での決着。

今回は、前回のED明けのザンパノの裏切りの真相が明らかに。
裏切ったと見せていたのは、エンヴィーを捕らえるためでした。
エンヴィーも巨大化して強さを見せたんですが、今回はマルコーの覚悟の方が勝っていましたね。


そして、エンヴィーを捕らえた事で、不老不死の方法を探りに来たメイとは別々に行動。
メイと再会するのは何時になるのか――と言っても、この進み方だと結構すぐに再会しそうですが。

スカーたちと別れたアルたちは、国家練成陣のトンネルのあるリオールへ向かう。
そこでアルを待っていたのは、ロゼと何故かそれを手伝っているホーエンハイムだった。


何にしても、今回はマルコーが大活躍でした。
色々としぶとかったエンヴィーとの戦いも、最後は何だか呆気ない終わり方でしたね。
まぁ、エンヴィーの方はあんな姿になっても諦めていないようですが。

次回は、ようやくエドの復活です。
それにしても、「バリンバリンの全開」って随分思い切ったタイトルですねw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック