はなまる幼稚園 第8話 「はなまるなさかなやさん/はなまるなライバル」 感想

好敵手と書いて''ライバル''と読む――。

Aパート。
夏休みもあっと言う間に明け、はなまる幼稚園には元気に日焼けした杏たちの姿があった。
皆が楽しげに夏休みの思い出を絵で発表する中、実家が魚屋さんの葵の絵には、そこで働く両親の姿だけで――。

Bパート。
ある日、草履の鼻緒が切れて困っていた女の子を助けたつっちー。
鼻緒を直す事のできないつっちーは、女の子を内まで送り届けるが、その女の子・雛菊の実家は、かつてつっちーがゴミ捨てマナーで注意された「男気組」だったのだ。
しかも驚くべき事に、雛菊は一目ぼれしたつっちーと結婚をする為、はなまる幼稚園に編入してくる事に――。


1週で夏休みの話しが終わってしまいましたね。
思いっきり日焼けした杏ですが、次にはもう白くなっていました。
あの間に皮が向けたのでしょうかw
もう少し、夏休みシーンも見たかった気がしましたが、それだと雛菊の登場が遅れてしまいますから、どっちがイインダ。
杏のライバルとして登場した雛菊でしたが、その可愛さに既にココロが打ち抜かれてますよw
子供にだけはモテモテのつっちー。
果たして、山本先生に思いは通じるのか、それともロリの道に進むのかw

EDは、今回初登場した雛菊の歌。
次は誰になるのかも楽しみです。
画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なぎさ美緒
2010年03月01日 22:46
こんばんわ、
いつもお世話になっております。
違う記事のTBを送信してしまいましたので削除お願いいたします。
お手数おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック