鋼の錬金術師 第4話 「錬金術師の苦悩」 レビュー&感想

 前回、リオールの街で偽の賢者の石を破壊したエドたちたが、そこに残った物は疑問と後悔だった。

 今回から、スカーが登場です・・・しかし、スカー格好良すぎですね。
画像画像


 ロイの声の違和感が少し取れてきた感じがあったのに、こんどはハボックの声もなんか違和感が・・・

 リオールから戻ってきたエドたちは、生体練成のことを知るため、ロイより「綴命の錬金術師」ショウ・タッカーを紹介してもらう。

 生体錬成の権威であるタッカーは2年前、人語を解する合成獣(キメラ)の錬成に成功ていた。

 生体練成を知るため、エドたちはタッカー宅で資料を探し始める。

 そんな中、アルは遊びたそうにしていたタッカーの娘、ニーナと遊び始める・・・エドは犬のアレキサンダーに逆に遊ばれます。
画像画像画像画像

 ハボックにより、年一度の国家錬金術師の査定の日の期限を告げられた、タッカーは焦りを感じ、しだいに思い詰めて行く・・・

 ニーナたちと仲良くなっていく中、ある日、タッカーの元を尋ねたエドたちは、タッカーの作った人語を理解するキメラを見せられるが、それはニーナとアレキサンダーの変わり果てた姿だった・・・

 人間を使ったキメラの作成を非難し、殴りかかるエドに対し、タッカーは人体練成を行ったエドも同じだと言われるが、そんな言葉に反発するようにエドは、タッカーを殴り続ける・・・

 自らの家族を犠牲にしながらも、国家錬金術師の地位に執着するタッカーを見つめるエドの心に浮かぶ物とは・・・

 人の道を外れていく錬金術師を見せ付けられたエドは、ただ人間であろうとする・・・
画像画像


 自らの功績が認められなかった、タッカーの前にはスカーが現れキメラと共に分解され、殺されます・・・道を外れた者の末路は悲しすぎます。
 
 

 今回の話は原作でも暗い話でしたからね・・・先の展開を知っているとはいえ、何度見ても後味の良いものではありませんね。

 まぁ、物語を進めていく上で必要なシーンですからね、しょうがないのかな?


 次回、第5話 「哀しみの雨」
 

"鋼の錬金術師 第4話 「錬金術師の苦悩」 レビュー&感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント