戦国BASARA 第5話 「壮絶!長篠・設楽原の義戦 」 感想

 前回、織田信長に人質に取られたお市の命を救うため、伊達政宗を止めるため進む浅井長政。

 
 武田・上杉の連合軍は、長篠の地で陣を敷く徳川家康を直接説得する為、武田信玄と真田雪村の二人が武器を置き丸腰で乗り込む。

 力で進む信玄に反発する家康は、信長の行動に反感を持ちつつも、一度交わした約束を守るため、連合軍との戦いを選ぶ。

 説得を失敗した信玄と雪村は、家康の背後を付くため、二人で行動を開始する。
画像画像画像画像

 戦いの中、同じ人を切る痛みを知る雪村。

 劣勢を強いられる、家康は、戦国最強ロボ本田忠勝(ホンダム)を投入する・・・途中「無敵」を自称する直江兼継がチョイ役で登場します。無双ではちゃんとしたキャラがありますが、BASARAではただのモブキャラ(一応ストーリーには絡んでくる)だった彼が、ここで出てきたのは、やはり大河を意識してのことでしょうか?
画像画像

 
 一方、尾張をめざし、設楽原を駆け抜けようとする政宗と対峙した長政。政宗と行動を共にしていた前田慶次は一人、信長を目指し行動を開始する。

 
 忠勝に勝負を挑む雪村だが、一人では厳しく信玄と佐助の3人でようやく動きを止めることに成功する・・・この3人で互角とは、さすが戦国最強の名は伊達じゃない。
 画像画像

 明智光秀は政宗と一緒に長政も鉄砲隊で葬ろうと企む・・・光秀、黒すぎです。
画像画像画像画像

 銃弾に倒れた長政の姿を見たお市は・・・長政が倒れたことで、お市のヤン化がますます進みそうですが、これからどうなるんでしょう?

 それにしても、ホンダムのあの登場シーンは絶対意識していますね。

 
 次回、第6話 「裂かれた絆 政宗屈辱の退却!」

"戦国BASARA 第5話 「壮絶!長篠・設楽原の義戦 」 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント