大正野球娘。 第11話 「そゞろに胸の打ち騒ぐ」 感想

 ついに、朝香中途の試合当日を迎えた桜花会・・・。

 いつもの小学生チーム相手に合宿の成果を見せつける小梅たち桜花会。
 晶子も合宿で新魔球を習得していた様子で、小学生チームを0点に抑え完璧に勝利する・・・いつのまにか新魔球を習得していました。合宿で覚えたようですが、話数の関係か、その描写が無かったのが少しザンネンですね。
画像画像

 小梅の家に高原が訪れ、両親に野球の事をばらしてしまう。
 父親に反対されるが小梅は、これまでの努力を無駄にしない為、バットを振り続ける・・・ラスト前でついに野球の事がばれました。というか、高原が来なければ、万事上手くいっていたのに、本当に余計な事をしてくれましたね。
画像画像画像画像

 翌朝、父親に勘当を言い渡されながらも試合の為学校を訪れた小梅だったが、晶子がまだ来ていない事を知り家に向かう事に・・・勘当された小梅ですが、ラストでは両親が応援に来て万事解決!!となるのかどうか?
画像画像

 小梅と晶子が不在の中、朝香中が到着する・・・
画像画像

 晶子の部屋にたどり着いた小梅たち、晶子と一緒に松坂の運転する車で向かうが・・・何気に小梅たちが到着する前に晶子が脱出を計っていたのが良かったですね。それだけ試合にかける気持ちが強かったと言う事なんでしょう。
画像画像画像画像

 無事に試合開始に間に合った小梅たち。
 いよいよ、最終目的である朝香中途の試合が始まる・・・もう少しギリギリになるのかと思ったのですが、以外にすんなり間に合いましたね。
画像画像画像画像

 まずは、桜花会の守備から、小梅のリードと晶子の魔球で好調な出だし、難なく三者凡退で終わる。
 続く攻撃、油断する朝香中の隙をつき、一気に3点の先制に成功する・・・晶子の魔球は、手元で変化すると言う事は、カットボールか何かでしょうか。
画像画像画像画像

 順調に進む試合だったが、ついに晶子の魔球に気づかれてしまう。
 それぞれの思いを乗せ、試合は後半戦に突入していく・・・このまま、簡単には勝てそうにありませんね。もう一波乱ぐらいはありそうです。
 最後に決め手となるのは、晶子のナックルボールでしょうか?やはり、ラストは岩崎との対決で幕を下ろすのが理想かな。
画像画像


 

"大正野球娘。 第11話 「そゞろに胸の打ち騒ぐ」 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント