けんぷファー 第4話 「Kriegserklarung ~戦う乙女たち~」 感想

 今回は、と言うか暫らくはバトルはお預け。その代わり、ナツルを巡る女のバトルは白熱中です。

 星鐵の三大美女に選ばれたナツルは、文化祭に行われるミスコンに突然出る事になってしまった。
 それを雫の策略と睨んだナツルは出場を取り消してもらおうと、雫のいる生徒会室を訪れるが・・・抗議に来たはずなのに、何故か雫のサービスシーンに突入。
 特に意味の無い、単なるサービスシーン?個人的にはアリです。
画像画像画像画像

 ミスコンに参加するナツルは、もしものときの為、紅音と下着を買いに行く事になったのだが、何故かその下着選びに雫も参戦してきて・・・。
画像画像画像画像

 店を出たナツルは、雫が呼び出していた楓と合流し、4人でカラオケボックスに向かう事になったのだが、そこではナツルとのデュエットを巡って女のカラオケバトルが勃発する・・・尺を埋める為のカラオケ対決です。なんだか雫の歌が微妙だった気がしましたが、キャラソンでは上手い事修正されているんでしょうね。
画像画像画像画像画像画像


"けんぷファー 第4話 「Kriegserklarung ~戦う乙女たち~」 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント