おおかみかくし 第6話 「恋」 感想

恋と狂気の狭間で揺れ動く心――。

五十鈴による「一誠は殺された」と言う突然の告白に驚く博士。
その事が気になる博士だったが、五十鈴は普段と変わらず明るく博士に接してくる。
そんな時、五十鈴から博士に2人きりで会いたいと言う電話が掛かってきて――。


前回の一誠に続いて五十鈴も博士のミツのせいで暴走してしまいました。
一誠とは違い五十鈴はまだ殺されていないようですが、五十鈴が助かる展開はあるのでしょうか。
今回ようやく、1話目の始めにつながりましたね。
ここで博士が殺されて、ループするのかとも思いましたがこのまま続くようです。
段々と謎が明らかになって来た感じですが、ラストはどうなるのかな。
画像画像画像
画像画像画像

"おおかみかくし 第6話 「恋」 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント