ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第9話 「台風一過・虚像ト実像」 感想

伝説と真実と――。

今回は、クレハの憧れの存在である「砂漠の狼」と呼ばれるクラウスのお話し。

伝説でもなんでもなく、クラウスは唯の通信兵のおじさんでした。
でも、身体を張ってクレハを守った所なんかは、カッコよかったです。
クレハも、クラウスの正体には気づきましたが、あえて言わなかったのかな。
いっその事、言ってしまった方が、クラウスの罪悪感が消えてよかったと思ったり思わなかったり。
でも、全ての原因はフェリシアの冗談からなんですよね。
それが無ければ、クラウスもへんな罪悪感を感じる事も無く、クレハもクラウスに憧れる事もなかったカモ。


今回、人命救助という形でタケミカヅチが初めて活躍しました。
そろそろ、タケミカヅチが必要になりそうな雰囲気を醸し出して来ていますが、これからどんな展開になるのかな。

あと、どうでもいいですが、クレハの寝巻き姿はクロでしたw
画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像

"ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第9話 「台風一過・虚像ト実像」 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント