鋼の錬金術師 第47話 「闇の使者」 感想

再会、しかしその中身は――。

セントラルに向かう途中、カナマと呼ばれる集落で、ホーエンハイムと再会したエド。
ホーエンハイムが賢者の石であると知ったエドは、複雑な心境を抱きつつもトリシャの遺言を伝える。
そのエドの言葉を聞いたホーエンハイムは、男泣き。
一時の親子の再開を果たし、セントラルに向かおうとするエドの前に現れたのは、離れ離れになっていたアル。
しかし、アルの様子がどこかおかしい様で――。


ようやくエドもホーエンハイムの秘密を知りましたね。
エドとの親子の確執もこれで解消でしょうか。

           ・・・・・・更新中・・・・・・

"鋼の錬金術師 第47話 「闇の使者」 感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント