テーマ:とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲 第22話 「レベル6-神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの-」 感想

思いがけない再会そして――。 いよいよ、ラストも近づいてきた感じでしょうか。 予想通り、今回の事件にも木山の存在が関わっていたのか。 ・・・・・・更新中(旅行中のため詳しい感想の更新は月曜日以降に)・・・・・・
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第21話 「声」 感想

疑うココロと信じるココロ――。 花火大会で最近頻繁に起こるポルターガイスト現象に巻き込まれた初春だったが、間一髪のところでMARのパワードスーツに助けられる。 そのパワードスーツに乗っていたのはテレスティーナだった。 テレスティーナにRSPK症候群の同時多発とAIM拡散力場の関係を問いかける黒子だったが――。 一見怪…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第20話 「乱雑開放(ポルターガイスト)」 感想

全ての伏線は此処に――。 初春に新たなルームメイトが出来る事に。 彼女の名は、春上衿衣。 季節はずれの転入生の彼女をジャッジメントの初春が面倒を見る事になり、何かと張り切る初春だったが――。 と言う事でようやく、事態が動き始めましたね。 この前、チラッとだけ登場した春上衿衣も転入生として物語に関わってくるようですね…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第19話 「盛夏祭」 感想

メイド美琴のオンステージ――。 年に一度、常盤台中学女子寮が一般に開放される盛夏祭の日。 美琴達も佐天と初春を招待し、一緒に盛夏祭を楽しむのだが、美琴だけには何やら気がかりな事があるようで――。 と言う事で、今回は美琴と黒子のメイド姿がメインのサービス回。 当麻やインデックス、舞夏などもチョイ役で出ていましたが、これとい…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第18話 「あすなろ園」 感想

恋は人を成長させるのか――。 と言う訳で、今回もレールガンはサブキャラ回です。 今回のメインは、美琴達が恐れる最強の寮監の恋の話し。 最初から、オチは見えていましたが予想外だったのは、大圄の意中の相手があすなろ園の園長先生だった事。 あの、園長の歳が幾つかは分かりませんが、そこまで年上好きなのか大圄w 自分だったら、迷わず…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第17話 「夏休みのつづり」 感想

今回は、ドジっ娘アンチスキルの鉄装綴里メインのお話し――。 アンチスキルの一員でもある鉄装綴里。 最近失敗続きの彼女は元気が無く、同僚の黄泉川や小萌先生にも心配をかけてしまう。 そんな彼女が出合ったのは、かつて自分もプレイしていた懐かしいゲームをしている学生の鴻野江。 彼との出会いが綴里にどんな変化をもたらすのか――。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 16話「学園都市」 感想

過去と現在、自分の居るべき場所とは――。 人に歴史アリ、と言う事でしょうか。 真面目そうだった固法にもグレた時期があったんですね。 とりあえず、今回で固法編は終わりでしょうか。 2話と若干短いような気がしましたが、キャパシティダウンの伏線を張る事には成功してるから十分役目は果たしたのかな。 とある科学の超電磁砲…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第15話 「スキルアウト」 感想

新たな事件の始まり―――。 今回から、新OP・EDの開始です。 冒頭からスキルアウトと呼ばれる集団に囲まれる婚后光子。 レベル4の彼女にとって、レベル0の集団など敵ではないはずだったが、謎の音の影響により意識が薄れていきピンチに。 そんな光子を助けたのは、背中に蜘蛛の刺青をした謎の男。 その男は無法者のスキルア…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第14話「特別講習」 感想

今年最初のレールガンは、禁書目録から小萌先生がゲスト参加です。 夏休みのある日、何をするでもなくファミレスに集まった美琴と黒子。 そこに遅れてきた初春だが、隣にいつも居るはずの佐天の姿が無く・・・。 補習に呼ばれてきた佐天。 そこに集まっていたのは、偶然かレベルアッパー事件の使用者達。 補習を担当した小萌先生の言葉を聴…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第13話 「ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは・・・以下略」 感想

 今年最後のレールガンは視聴者サービスの水着回です。  それよりも、タイトル長すぎ・・・全部入りきりませんでした。   一応、タイトルの全文です。 「ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ」  黒子の同級生の水泳部員達に水着のモデルを頼まれた美琴。  嫌がる美…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第12話 「AIMバースト」 感想

 持たざる者たちの気持ちとは・・・。  春生から出てきた胎児のような化け物。  これは、これまでレベルアッパーを使ってきた人たちの思念の集まった、AIM拡散力場の集合体(AIMバースト)であるらしい。  暴走する胎児を止める為、レベルアッパーの治療プログラムを使うことにした美琴たち。  初春がプログラムを流す間、美琴は胎…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第11話 「木山せんせい」 感想

 レベルアッパーを使い追い求めた真の理由とは・・・。  レベルアッパー事件の真犯人だった木山春生。  彼女は、ある目的のためにレベルアッパーをばら撒いたと言うが・・・。    これまでレベルアッパーを使ってきた能力者たちの力を使い美琴を圧倒する春生だったが・・・。  春生が実験を繰り返した理由。  それは、自らの実験の犠…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

 求めた力の代償は・・・。  友人達と共に手に入れたレベルアッパーを使ってしまった佐天。  初春たちと対等になりたいが為の念願だった能力を手に入れた佐天だったが、心はイマイチ晴れない・・・。  ついに起きてしまった、レベルアッパーの副作用。  何も知らなかった友人達を巻き込んでしまった事を悔いる佐天。  そんな佐天に親…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」 感想

 サイトから偶然レベルアッパーを発見した佐天は、その使用について一人悩みを抱える。  再会した脱ぎ女こと、大脳生理学者の木山春生にレベルアッパーについて尋ねる美琴と黒子・・・相変わらずの脱ぎっぷり。  それを注意する黒子。  今回は、黒子の方が常識人ぽい。  喫茶店で、春生にレベルアッパーについての意見を尋ねていると、佐…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」 感想

 ついに、レールガンでの重要キーワードのレベルアッパーの登場です。  風邪で休んだ初春を心配する佐天は、授業を上の空で聞いていたため課題を出されてしまう。  前回のグラビトン事件の犯人のレベルが低い事を気にする美琴と黒子は、息抜きにカキ氷を食べる事に。  後から合流した佐天とカキ氷の食べさせ合いをする美琴を見た黒子は、大シ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 感想

 今回は、前回の爆弾事件の続き・・・。  依然犯人の正体が掴めないグラビトン事件。  ジャッジメントの中に緊張が続く中、美琴は初春、佐天と共に気晴らしのショッピングをする事に。    カワイイ物好きの美琴はカワイイ発見し、テンションを上げるが初春と佐天には大不評・・・小学生っぽいって、初春にまで言われてしまい、若干涙目。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第6話 「こういうことにはみんな積極的なんですよ」 感想

 美琴のジャッジメント一日体験。  最近頻発している爆弾騒ぎ。  どうやらアルミを爆弾に変えてしまうシンクロトロンという能力らしいのだが、その能力を持っている能力者にはアリバイがあり、犯人は未だ分からずじまい。  新たな強敵に心をときめかせる美琴だったが、そんな心を読んだ黒子に釘を刺されフキゲンに・・・。  初春が忘れて…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第5話 「とある二人の新人研修」 感想

 今回の話しは、黒子と初春の出会いの話しと、2人がコンビを組んでいる理由。  研修時代の黒子と初春・・・2人とも小6のようですが、それ以上にロリっぽさが目立っています。  昔の黒子は、生意気ではありますが、変態っぽさはありませんでした。何時ごろから、あんな事になったのか。  黒子の独断で、犯人を取り逃がしてしまった為、仲違…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第4話 「都市伝説」 感想

 今回のレールガンは、都市伝説。前回はチョイ役だった上条当麻とガッツリ絡みます。  とある都市伝説サイトに乗っていた「脱ぎ女」と「どんな能力も全く効かない能力を男」、どやら美琴は能力の効かない男の事が気になる様子・・・再び、当麻の登場です。今回は美琴との出会いが描かれましたね。  脱ぎ女を発見した美琴・・・脱ぎ女は感染するらしい…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第3話 「ねらわれた常盤台」 感想

 今回は、黒子の暴走は無し。変わりに佐天が活躍です。  黒子の招待でお嬢様学校が集まる「学舎の園」を訪れた初春と佐天だったが、佐天に第一の不幸が・・・。  着替えを終えた佐天たちは、楽しみにしていたケーキ屋に向かうが、常盤台生徒を狙う連続襲撃犯に佐天が襲われ、眉毛が大変な事に・・・黒く太い眉毛、完璧にこち亀の両さんです。 …
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第2話 「炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ」 感想

 レールガン2話目。今回も黒子は絶賛暴走中です。  美琴が路地裏に追い詰めた相手は・・・上条当麻、チョイ役で登場です。漫画の方のレールガンでは、ガッツリ物語に絡んでくる事は無いようですが、アニメではどうなのかな。  なにやら、美琴とのアニバーサリーの為の準備をする黒子だったが・・・今回の黒子は、初っ端から飛ばしています。ここ…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲 第1話 「電撃使い(エレクトロマスター)」 感想

 『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品である『とある科学の超電磁砲』が始まりました。  今回の主人公は、学園に7人しかいないレベル5の超能力者''御坂美琴''を中心に物語は進んでいきます。  禁書目録が魔術サイドなら、超電磁砲は科学サイドの物語。    1話目を見た感じ、テンポも良くて、特に黒子の暴走っぷりが見て…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more