テーマ:おおかみかくし

おおかみかくし 第8話 「喪失」 感想

物語は核心へと動き出す――。 嫦娥の数え歌を調べていた事で捕らえられてしまったかなめ。 牢屋の中で不安を募らせていくかなめを助けたのは、眠だった。 そして、眠の口から自らが嫦娥狼であると言う事実が告げられる――。 いよいよ、物語りも佳境と言った感じがしてきましたね。 復讐に囚われた賢木の行動で、ピンチに陥ってしまっ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

おおかみかくし 第7話 「喪失」 感想

嫦娥に棲む神人と神堕人――。 昨夜の事が嘘だったかのように、自分の部屋で目覚めた博士。 何も分からないまま学校に登校した博士だったが、学校には五十鈴と眠の姿は無かった。 何も分からず困惑する博士に、かなめから調べていた嫦娥の都市伝説についての話しを聞く。 かなめによると、嫦娥狼とは人間のような知能をもった存在で、現在でも存在…
トラックバック:7
コメント:1

続きを読むread more

おおかみかくし 第6話 「恋」 感想

恋と狂気の狭間で揺れ動く心――。 五十鈴による「一誠は殺された」と言う突然の告白に驚く博士。 その事が気になる博士だったが、五十鈴は普段と変わらず明るく博士に接してくる。 そんな時、五十鈴から博士に2人きりで会いたいと言う電話が掛かってきて――。 前回の一誠に続いて五十鈴も博士のミツのせいで暴走してしまいました。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

おおかみかくし 第5話 「暴走」 感想

止める事のできなかった狂気の暴走――。 ついにと言うか、ようやくと言うか、一誠の暴走が始まりました。 博士を襲う動きなんかを見ると、壁を這って行く姿なんか、もう人間の動きじゃなかったですね。 気になったのは、一誠がキスをしたことで自警団に連れ去られた後輩の女の子。 もしかして、この症状は感染したりしていくのか? だとしたら…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

おおかみかくし 第4話 「予感」 感想

赤い蛍と姿の見えない殺人集団――。 新キャラの真那香織が登場。 彼女はこれから博士たちにどう絡んでくるんでしょうか。 賢木の彼女?と瓜二つな点も気になります。 一誠がそろそろヤバそうな気配を出してきました。 30分だけって、一体ナニをするつもりだったのかw 博士が殺人現場?を見た事で、いろいろ動き出しそうです…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

おおかみかくし 第3話 「衝動」 感想

抑えきれない衝動。その矛先は、もちろん博士に向かう――。 ある日の休日。 博士たちは、五十鈴の兄、一誠の運転で河原へバーベキューに来ていた。 河原では、五十鈴たちのスク水姿にドキドキしつつ、存分に楽しんだ博士。 しかし、服のまま川に浸かってしまった事で風邪を引いてしまい、医療センターへ向かう博士。 その帰りに待っていたのは…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

おおかみかくし 第2話 「兄妹」 感想

嫦娥町に伝わる、嫦娥狼と大神様の伝承。  突然、転校した小笠原の事が気になる博士だったが、五十鈴を含めたクラスメイト達は全く気にならない様子。 唯一人、同じく外からの転入生のかなめだけが、そのことに違和感を感じていた・・・。 博士が妙にモテるのは、外から来たからかと思ったのですが、それだとかなめもモテていそうな気がしますが…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

おおかみかくし 第1話 「嫦娥町」 感想

原案は「ひぐらし」「うみねこ」と同じ、竜騎士07さんと言う事で、期待の作品です。 舞台は、昭和58年の夏。 父・正明の都合で山間にあるニュータウン「嫦娥町(じょうがまち)」に引っ越すことになった九澄博士。 取り立てて目立つような存在ではなかった博士のことを、私立嫦娥高等学校のクラスメイトたちはあり得ないぐらいに歓迎して…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more