テーマ:07-GHOST

07-GHOST 第25話 最終回 「真実は幾重にも連なる心の彼方に…」 感想

 宿敵アヤナミとの最後の戦いに挑むテイト・・・。  アヤナミとテイトの直接対決。  アヤナミの持つミカエルの瞳と、テイトの手が共鳴し始め強烈な光を放つ・・・  セブンゴーストの囲む謎の空間に勢ぞろいした、テイトたち協会陣営とアヤナミの帝国陣営。  それぞれの力がぶつかり合う中、アヤナミは撤退を決める・・・前回、フラウの愛…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第24話 「愛無き者の正義はいずこに…。闇に奪われし心よ、永遠に…」 感想

 ラスト前の大バトル・・・。  試験を突破したテイトの前に現れた本物のアヤナミ。  アヤナミによって奇妙な空間に連れてこられたテイト・・・ラスト目前で、ようやくテイトとアヤナミの直接対決になりましたね。  テイトが出てくるのを待つフラウの前には、黒いオーラを纏ったクロユリが現れる・・・憎しみで益々黒くなったクロユリ。 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第23話 「心の闇のその先に」 感想

 テイトの目の前に現れたアヤナミ。  同じくハクレンの前には、父親の姿が・・・二次試験は自らの心の闇との対決。  それぞれに心の闇の試練が襲い掛かる・・・  アヤナミの剣で身体を貫かれるテイト・・・明らかな致命傷ですが、アヤナミと同じように、この傷も幻なんでしょうか?  テイトとの友情で、自らの過去と向き合ったハ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第22話 「水底の光に導かれ、覗きしものは…」 感想

 無事一次試験を合格したテイトたち。  敗者の扉の先に待っていた、ランセに先導され試験官の部屋を進むテイトたちは、試験の途中助けた老人達が元大司教だったと知る・・・  元大司教の老人達の言葉が気になったテイトは、シスター達の誘いを振り切り、ラゼットに導かれるように水の中を落ちていく・・・久々登場のアイフィッシュですが、テイト…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第21話「なぜゆえに、汝、敗者の扉をくぐる…」 感想

 ようやく、司教試験開始。  帝国でミカエルの瞳を持つ者に、抹殺命令が出される中、テイトたちの司教試験が開始される・・・結構、始まるまでは長かったんですが、始まると一気に終わってしまいますね。  試験前のバクスルチェックになり、テイトは自らのザイフォンが出ない事に気づき、ザイフォンを分けてもらう事に・・・テイトがザイフォンを…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第20話 「ふたりで捧げるレクイエム」 感想

 協会にはアヤナミの影が迫ってきていた。  クロユリによって連れ去られたテイトとハクレン・・・ハクレンも抵抗しますが、力の差は歴然。あっさり倒されてしまいました。  このまま、アヤナミの元へ届けられてしまうのかと思った所、目覚めたハクレンの活躍で逃げ出すことに成功する・・・ハルセにあっさりヤラレタのが嘘みたいに、ハクレン大活…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第19話 「まじわらぬ愛、されど消えぬ愛の行く末は・・・」 感想

 よく分からない新キャラのリアムとヴィーダ兄弟が登場・・・この兄弟が、これから物語の鍵となるのか?それとも、単にフェスト像を紹介したかっただけなのか?  クロユリの体に手を突っ込んで、アヤナミと対峙したカストルは、後一歩のところで、クロユリと相打ちに・・・  バスティンの葬儀に参列したフラウ・・・  シスター達に、フラ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第18話 「赦さざる者闇に溺れ・・・愛する者は涙に濡れる」 感想

 バスティンはアヤナミの部下だった・・・  アヤナミの命を受け、テイトを処刑しようとするバスティン・・・どうやら、教会に入る前から帝国に関係していた様ですが、その頃からアヤナミの部下だったのでしょうか?  バスティンの攻撃に曝される中、テイトに宿るミカエルの瞳が出て反撃し、一気に止めをさそうとしたミカエルの瞳にテイトの意識が…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第17話 「闇の翼の眷属は、不幸を纏い、舞い降りる」 感想

 フラウの無実を証明する為、現場を訪れたテイトとハクレンの前に、バスティンが現れ、自身もフラウの無実を信じている事を明かす・・・フラウはバスティンの弟子だったようです。  フラウの過去が少し明らかになりました・・・協会に引き取られた経緯が、イマイチよく分かりませんでしたが、ちびフラウはカワイかったですね。  バスティンのフラ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第16話 「真実は光の届かぬ闇の底に」 感想

 時間が無かったので、とりあえず簡単な感想を。  テイトを育ててくれたファーザーが、追放された理由。それは、パンドラの箱を持ち出した事が原因だった・・・新用語のパンドラの箱が登場しました。何か重要ぽい感じですが、これからどうストーリーに絡んでくるのか。  フラウが死刑になると知ったテイトは、ラゼットに導かれ、フラウの元へ・・…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第15話 「あの日、確かに彼といた」 感想

 ハクレンと共に試験に向けて勉強をしていたテイトの元にハルセが現れ、パスと「フェア・クロイツ」の名を思い出せと伝えに来る。ハルセは、カストルにヤラレながらも、「協会は見方ではない」と言うと消されてしまう・・・ハルセ、ようやくテイトに接触してきたと思ったら、出てきて早々やられてしまいましたが、どうやら人間ではなかったようですね。次の場面で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第14話 「共に戦う理由…戦友と呼ばれる資格」 感想

 試験に向けて、テイトはカストルにスパルタ稽古をつけてもらっていた・・・又しても、あの偽フラウの登場です。しかも今回は、数も一気に7体に。一体でもウザかったのに、それが一気に7倍です。  部屋にいたハクレンは、テイトの事を誤解していたことに気づき、テイトに自らの過去を話し出す・・・ハクレンの回想に出てくるフラウ?の姿は随分好青年で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第13話 「光ある道の先に見るものは…」 感想

 教会内で起きた殺人事件、そこには冷たい瞳で見つめるフラウの姿があった・・・  試験に向けて、図書館で勉強をするテイト。近づきになりたいのか、ハクレンはフラウに賄賂のエロ本を渡し、意気投合するが、バスティンに早速没収されてしまいます・・・ハクレンの持っていたものでしょうか?そんな感じに見えないですが、フラウの為に用意した物だったん…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第12話 「痛みという名の闇はひたひたと…」 感想

 前回、これから自由に行動する為、司教の試験を受ける事にしたテイトは、自分の罪と向き合いそれを受け入れる決意をした・・・  教会に来て、初めて心に余裕が出来たテイトは、太陽の輝きを眺めながら思いを馳せていた・・・前回登場したハクレンは、どうやら帝国の学校でテイトと反りの合わなかった「シュリ=オーク」と同じ、名門オーク家の出身らしい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第11話 「愛しい者への償いは・・・」 感想

 相変わらず、落ち込んでいたテイトの元に、カストルが司教試験を受ける事を進めに来る・・・  その司教試験の1次試験は全77巻・7700章から計100題出題される筆記試験だと言う。1ヵ月後の試験の為、それを半月で覚えなくてはいけないのだが、なぜかテイトはすでに記憶している様子。それを見たフラウはショックを受けます・・・これを覚えるの…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

07-Ghost 第10話 「ただひとつの償い」 感想

 前回、アヤナミに操られたミカゲは、最後にテイトに微笑みながらその命を散らした・・・      ミカゲの葬式に参列したテイトは、改めてアヤナミに復讐することを心に決め、協会から出て行こうとするが・・・毎回協会から出て行こうとしている感じですが、何時になったら本当に出て行くのか。   出て行こうとするテイトを呼び止めた、カスト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第9話 「魂の色は永遠に…」 感想

 アヤナミに操られたミカゲに対し、ミカエルの瞳が発動したテイトは、人が変わったように攻撃をはじめる・・・  ミカゲを救ったかに思えたのだが、テイトの思いもむなしく、ミカゲは消えてしまう・・・  ミカゲを自分のせいで失い塞ぎ込むテイトを心配したのかフラウたちが乗り込んでくる。それと共に潜り込んで来た謎の動物は、ミカゲの生まれ変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第8話 「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」 感想

 穏やかな時を過ごしていた、テイトとミカゲだったが、次第にミカゲの身体に異変が起きてくる・・・  頭の中で聞こえる、アヤナミの声に逆らうように、テイトに自分を殺して欲しいと頼むミカゲだったが、ついに心がが闇に飲み込まれてしまう・・・・  半分をコールの身体としたミカゲに、次第に追い詰めまれていくテイトだったが、テイトに宿るミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第7話「翼に喰われた魂は愛しいわが子の夢を見る?」感想

 前回、年に一度の協会のバザーを楽しんでいた、テイトとミカゲの前に、またしてもコールが現れ、ミカゲの命を危機に曝すが、テイトの不思議な力がその危機を救ってくれた・・・  ミカゲはテイトとの日々を楽しみつつも、テイトのため、この場所を離れることを決意し、その前に一つでも多く思い出を作ろうとする・・・  バザーの最終日をテイトと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST  第6話「光に通ずる正しき道は」 感想

 前回、捕らえられていたアヤナミの元から開放されたミカゲと再会したテイトは、司教たちが怪しむ中、ただ純粋に喜んでいた・・・  昨夜に聞いたミカゲの意味深な言葉が気になっていたテイトだったが、2人は協会で行われる年に一度のバザーを訪れていた・・・   司祭たちの店は、それぞれの趣味に走り個性的、フラウの店に連れて来られたテ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第5話 「熱き涙、やさしく彼の心を満たし」 感想

 前回、ミカゲに会いたい思いをコールに利用され、魂を奪われそうになったテイトは、フラウたちの活躍もあり、コールを退けることに成功する。    テイトは、仲良くなったオルガニストの少女、ラゼットに導かれ、礼拝堂を訪れる。  そこで見た景色に、テイトは幼き日の記憶を思い出し、自分がラグス国王の息子だったことを知る。  自…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第4話 「ただひたすらなる祈りの果てに」 レビュー&感想

 前回、願いを叶えてあげると言う、謎の老人の言葉に釣られるように夜の協会を訪れたテイト・・・怪しげな老人は、やはり敵でした。  老人に尋ねられるまま、テイトは一人だった自分を救ってくれた「ミカゲに会いたい」という願いを口にした途端、心を飲まれそうになるが、その時フラウ達司教が立ち塞がる。  フラウの腕のアザから変な触手が伸び…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第3話 「無垢なる我子よ光と眠れ」 感想

 帝国からの追っ手を振り切り、協会に匿われる事となったテイトは、身の置き場所に疑問を感じ、協会から出ようとするが、フラウに見つかり連れ戻される。  この白い花の意味は何なのか・・・ただのファッションでしょうか?しかし、頭に花をつけられて似合うテイトって。    協会の食材は変な物がいっぱいです、見た目はともかく味はイイみた…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第2話 「懐かしき記憶は痛みと共に」 感想

 07-GHOST第2話、前回父の敵であるアヤナミを襲撃し、牢に投獄されたテイトは、親友のミカゲの手を借りて脱走に成功する。  傷のダメージと疲労によって気絶したテイトは、バルスブルグ教会の司教たちに助けられる。  目を覚ますとそこは教会の中だった、テイトは司教たちの胡散臭さに疑問を持ちつつも、協会の世話になる。   …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

07-GHOST 第1話 「切なる想いの行く末は」 感想

 原作のほうは未読ですが、絵と豪華な声優人に興味を引かれて見ました。  まだ、1話目なので、よく分からない言葉などが出てきましたが、それもこれからでしょう。  主要キャラは、ほぼ男性、しかも皆イケメンです。キャストを見る限り、シスターの女性キャラもいるようですが、メインは男同士の友情でしょうか?  1話目を見た感想とし…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more