テーマ:アスラクライン

アスラクライン2 第26話(最終話) 「選択の歯車」 感想

 アスラクライン、分割2期の作品も最終回です。  智春たちの運命の歯車の行方は・・・。  智春に運を分けてしまった事でイグナイターを塔貴也に奪われてしまったニア・・・。  世界を変える力を持った塔貴也は目的を達成する為、3巡目の世界に向かおうとするが・・・。  最後と言う事もあり、炎の黑鐵・改と氷の鋼のスパロボバトルが良…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第25話 「過去と因果と別れの絶望」 感想

 開かれてしまった3巡目の世界への扉と、始まってしまった世界の非在化。  2巡目の世界の非在化を止める為セントラル・ボーテックスへ向かう智春たちだったが・・・。  セントラル・ボーテックスに着いた智春たちが見たものは、既に3巡目の世界に行っていた塔貴也たち。  しかし、3巡目の世界では塔貴也の願いは叶わなかった・・・どの世界で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第24話 「君への想いが世界を壊す」 感想

 2巡目の世界に戻ってきた智春は、世界を救う決意を固める・・・。  直貴の力で2巡目の世界に戻ってきた智春。  奏と契約した事でアスラクラインとなった智春は、塔貴也の野望を止める為動き始める・・・ついにアスラクラインとなった智春。  アニメでは契約は単なる口約束で完了してしまっていましたが、色々な事も考えるとこれは仕方が無いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第23話 「残る命、散る命」 感想

 新たな力と喪った存在・・・。  操緒と再会した智春が出会ったのは、1巡目の世界に存在する本物の兄・直貴だった。  直貴の力を借り、黑鐵と白銀をあわせた黑鐵・改を作り2巡目の世界に戻ろうとする智春。  その前に、1巡目の世界を非在化に追い込んでいるはぐれドーターの大群が迫り・・・。  智春たちのピンチを救ったのは1巡目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第22話 「隣り合わせの死と平和」 感想

 新たな力と再会。  自分たちよりも、5年も先に飛ばされていたニアと再会した智春たち。  一見平和そうに見える1巡目の世界だったが、そこにはハッキリと滅びの時間が迫っていた。  非在化の進む中、使い魔の襲撃により智春は、新たな力、悪魔としての力を手に入れた。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第21話 「思い出の消えた未来」 感想

 アスラクラインとなった塔貴也の呼び出した鋼に飛ばされた智春が目を覚ました所とは。  智春が目を覚ましたのは、爆破され無くなってしまった筈の鳴桜邸の前。  智春の知っている世界とのわずかなズレ。  朱浬を探そうと協会を訪れた智春は、そこで尼僧カフェを経営している六夏から、ここが2巡目の1年後の未来の1巡目の世界である事を知らさ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第20話 「カイメツの刻 ショウメツの闇」 感想

 ついに明らかになった真の敵の正体。智春たちは、無事に生き延びる事はできるのか。  GDに捕まってしまった智春たち。  そこにも、ピカソ仮面の襲撃があり、ニアが連れ去られてしまった・・・。  ピカソ仮面たちが求めてきたのは、智春とニア・塔貴也との人質交換。    ここからは、これでもかと言う位の超速展開。  ピカソ仮面の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第19話 「君に捧ぐ真実」 感想

 ついに明らかになる直貴の真実。  墓地で発見した直貴の墓の事を尋ねようと科學部のメンバーを集めた智春だったが、そこに問題の直孝からの電話が。  電話に出て早々「逃げろ」と告げる直貴に困惑する智春が尋ねよとした途端、ピカソ仮面の襲撃者が登場・・・。  エクス・ハンドラーの襲撃者と鳳島氷羽子に囲まれた智春たちを助けたのは、操…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第18話 「愛と魔力のせつない関係」 感想

 体育祭で二人三脚をする事になった智春と奏。  二人三脚の紐が解けなくなってしまったりとベタ展開。  今回はストーリーの谷間かと思ったが、最後の最後に爆弾が投下。    次回はここまで引っ張ってきた直貴の秘密がついに明らかになります。
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第17話 「生け贄の名を喚ぶ代償」 感想

 GDの恭武に襲われた智春を助けたのは、兄の直貴?・・・・。            ・・・・・・更新中・・・・・・  意識を取り戻した智春が見たものは、カレーを食べる加賀篝・・・。  加賀篝たちの目的は、ベリアル・ドールを解放する為の方法を探す事。  同じ悩みを持つ智春は、加賀篝に協力する事になったのだが・・・。 …
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第16話 「自由で不自由な選択肢」 感想

 夏休み。杏の紹介で、アルバイトを始めた智春たちは、海辺のペンションを訪れていた。  相変わらず不運な智春だが、なんだか奏とはイイ感じに・・・今回は水着のサービス回。前回は色々と不安な所があったんで、今回は少し心配していたんですが、ヤッパリ困った時は水着ですかね。  ベリアル・ドールの秘密を操緒に内緒にしている智春は、操緒と…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第15話 「悪魔に喰われた副葬処女」 感想

 アスラクライン。2が始まって早々、2話目にして作画にブレが・・・。  力の使いすぎで操緒が消滅してしまう夢を見る智春は、操緒を助ける為、直貴を探す事に・・・ようやく直貴の捜索ですか、本当ならもう少し前に登場しているはずなんですが、何時ごろ登場するのかな。  エクスハンドラー(元・演操者)の冬琉。  彼女は、前の黑鐵のハン…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン2 第14話 「消滅の世界と記憶の残骸」 感想

 アスラクラインの第2期始まりました。前回は、謎のままだった1巡目の世界について語られます。  原作の方は、ラスト目前といった感じですが、アニメは今期で無事に至る所に散りばめられた伏線を、全部回収できるのでしょうか?  OPの雰囲気がイイカンジでしたね。歌っているのは、前回と同じangelaさんです。  奏が倒れた…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第13話 最終回 「呪われた罪人の烙印」 感想

 イグナイターを手に入れるため、加賀篝によって、修学旅行の2年生を乗せた飛行機を人質に取られてしまい、人命とイグナイター、どちらを選ぶのか選択を迫られた・・・  冬琉と六夏の意見が対立する中、人命を優先した智春は加賀篝との取引に向かう事を決め、後を付けてきたかなでと共に飛行機に向かう・・・六夏が人命を優先したことに驚きましたが、や…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第12話 「世界が枯れるまで」 感想

 修学旅行でハワイを訪れていた朱浬と玲士郎は、それぞれの休息を満喫していた・・・結局、前回気になっていた。朱浬の水着ファッションショーはありませんでしたが、今回の水着姿が見られただけで、良しとするか。  一方、科學部では、智春とニアが昔なつかしのツイスターゲームで勝負をしていると、ニアに運気を吸われた智春が、前回の一発芸で貰った金…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第11話 「隣にいてくれる日常と非日常」 感想

 前回、智春たちは、悪魔狩りの犯人だったアスラ・クラインの加賀篝の野望を阻止し、穏やかな生活を取り戻した・・・   戦いを終え穏やかな日を過ごしていた、洛高メンバー、3年の朱浬と玲士郎は修学旅行のハワイが楽しみで待ちきれない様子・・・  新たに、アニアも加わった智春たちも、賑やかに過ごしていた所、朱浬が旅行の為に水着のファッ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第10話 「刻の鎖につながれて」 感想

 前回、アスラ・クラインの加賀篝の襲撃を受け、アニアが連れ去られてしまった・・・  智春たちは、まず朱浬に連絡することにし、朱浬と合流した智春たちは、アニアを助け出す手がかりを求め、 クルスティナと同時期に教育実習生だった琴里の部屋を探ることにした・・・  一方連れ去られたアニアは、念願の姉と再会するものの、その姿は魔力を使…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第9話「存在するはずの無い禁忌の存在」 感想

 前回、悪魔狩りから守る為、奏と兄の直貴の紹介で「運喰らい」の少女アニアを預かることになった智春・・・  悪魔狩りの犯人の正体がアニアの行方不明の姉クルスティナに関係あることを認めたくないアニア・・・    「魔神相剋者(アスラ・クライン)」とは、本来拮抗するはずの2つの存在である、ドーターとアスラ・マキーナを手にした事により…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第8話 「災厄の王の末娘」 感想

 何事も無く、家で寛いでいた智春の元へ、兄の直貴から悪魔の少女を預かってくれと言う手紙が送られてくる・・・今回のことで智春の不幸により一層の加速が加わります。  手紙の意味を考えていた智春の元に、嵩月組を引き連れた奏訪れてくる。奏は、最近起こっている無差別に悪魔ばかりを狙う「悪魔狩り」に対して、アスラ・マキーナのハンドラーであ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第7話 「無情な空に散った夢」 感想

 前回、スタビライザを取り込んだことにより、一般の人たちにも見られるようになってしまった操緒が、智春と同じクラスに転入してきた・・・  幽霊の操緒だが、以外に学校になじんでいる様子・・・幽霊の存在を受け入れる学校って?まぁ、それ以外にも3つも生徒会があること自体がおかしいんですから、気にもならないのかな?    それぞれが、過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第6話 「闇の向こうに浮かぶ贄」 感想

 前回、記憶を失った朱浬の持っていたスタビライザを巡り第二生徒会の真日和と戦闘になった智春は黑鐵を呼び出そうとするが、操緒が途中で消えてしまい、黑鐵も呼び出せなくなってしまう。  風邪を引き倒れた智春の汗を拭く奏と朱浬、朱浬は前回の戦いで記憶が戻っていた様子・・・  雪原瑶に偽のスタビライザで騙した朱浬の元に遥から取引の電話…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第5話 「交じり合う心と身体」 感想

 前回、第一生徒会の依頼で土琵湖に出没する謎の生物、ドビュッシーの正体が第三生徒会の真日和秀が捨てた使い魔(ドウター)が変化した姿だと知った智春たちは、苦戦の末何とか使い魔を元の姿に戻した。  智春たちが家に戻ると、門の前に頭から血を流して気絶している朱浬の姿を発見する・・・重かったのは、朱浬の体重なのか?それともトランクの重…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

アスラクライン 第4話 「行き場を無くした想い」 感想

 前回、奏を助けるため、玲士郎の機巧魔神「翡翠」を撃退した智春は、助けた奏と共に科學部に入部することとなった。一緒に入部した悪友の樋口と共に智春たちは、第一生徒会の依頼で土琵湖周辺で目撃されている謎の生物(ドビュッシー)の調査を開始する。  合宿気分で依頼をこなす科學部のメンバーに対し、怒り心頭の玲士郎・・・前回、やり合った相手か…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more